群馬県にて米・大豆などの穀物と野菜をすべて無農薬・無化学肥料の有機栽培にて生産。
生命力溢れる旬の農産物をお届けいたします。




住所 〒370-3574群馬県前橋市清野町54
電話  027-254-3390
メール  kiyosato@kogure-f.sakura.ne.jp 
 
◇TOP ◇農場紹介 ◇米 ◇野菜 ◇大豆 ◇人参ジュース ◇ギフト ◇ブログ ◇注文・問い合わせ

農場紹介
群馬県といえばかかあ天下とからっ風で有名な県。
わたし達の田畑はすぐ目の前に榛名山があり、赤城山からのからっ風もおりてくる・・・そんな場所にあります。

農業を志す若者は少しずつ増えているようですが、農業従事者の高年齢化は深刻な状況に感じます。
わたし達の田畑周辺も若くて60代、主軸は70代の方。
地元の方々はわたし達夫婦のような若い有機農業者を温かく迎え入れてくれ、応援してくださる方がたくさんいます。
そして無農薬で栽培しているわたし達の田畑周辺に、自分たちが使う農薬が散布しないよう配慮してくださっています。

今はまだ周辺に有機農業者はいませんが、この地域で有機農業の輪を広げていける日を目指して歩み始めています。


有機栽培にこだわる
みなさんは農薬を使った田畑と使っていない田畑を、じっと見比べた経験はありますか?
よーく観察してみると田畑に住む生き物の数がまったく違う事に気が付くと思います。
小さな小さな生き物たちが沢山住んでいる田畑の土は、とてもふかふか。
そんな場所で育った作物は味が濃く、アクがなく、やわらかいのが特徴です。

化学肥料や農薬をつかってしまうと害虫とされる生き物以外もすべて死滅し、流れていく事で河川の汚染にもつながる結果に・・・。
また、旬でない作物を無理に作ってしまうと味もなく固い作物に育ちます。

『生命なきものは、生命の糧にならず』
こんな言葉があります。
生命のない場所で命ある作物は育ちません。

目に見えないくらいの小さな生き物から、大きな生き物が住む田畑はまさに小宇宙です!
小宇宙を守っていくと、自然に大きな宇宙も守られるはずですよね。

また、こぐれ農場では野菜の種は固定種や在来種を多く作ることを心掛けています。
何代も種を取り育て自然な育種をしていくうちに、野菜の個性が定着し固定したもの、昔ながらの種のことを固定種・在来種といいます。

健康な大地、群馬の山から流れていくる美味しい水で育った命ある作物をお届けしたい。
夫婦2人の想いから、有機JAS認定を取得し全ほ場を有機管理にて栽培をしています。
(※2015年11月現在 全ほ場 有機認定)


有機JASとは
食の安全性を求める声が高まるとともに、有機無農薬・自然栽培・減農薬栽培など様々な表記が出回るようになりました。
ですが実際にはそれぞれがどのように栽培されているのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

わたし達が取得している有機JAS認定とは、農林水産省が定めた品質基準や表示基準に合格する必要があります。

・種まきの時点から過去2年以上、田畑に禁止されている農薬・化学合成肥料を使用しない
・田畑や用具に農薬や化学合成肥料の飛散・混入がないこと
・生産から出荷まで生産工程管理等の記録作成の義務付け
など、沢山の厳しい条件をクリアして、はじめて『有機』という表記が可能になるのです。

新しく栽培をはじめる田畑などで過去に少しでも農薬を使用している場合は、1年目が特別栽培、2年目が有機転換期間中・3年目で有機栽培という表記となります。

毎年、国から認定された第三者登録認定機関が実地検査や書類審査を行いチェックをしています。


(有機農産物 認定証書) (特別栽培農産物 認定証書)